お写真

副島正登さん
荒木佳江さん

お写真

挙式会場名

諏訪神社

披露宴会場名

ホテルニュー長崎 鳳凰閣西中の間

結婚日時

平成29年1月29日

披露宴人数

総人数 147名

ホテルニュー長崎を知ったきっかけ

長崎でNo.1のホテルという知名度もあり、子供の頃から憧れのホテルでした。

お写真

会場を決めた理由

・遠方のゲストが多かった為、ゲストが足を運びやすい交通アクセスの良さを重視しました。
・料理が美味しく、スタッフのサービスも行き届いているので、ゲストの皆様に上質なおもてなしができると思った。

お二人がこだわったポイント

結婚式のテーマはゲストの皆様への「感謝のおもてなし」。
ゲストの皆様に喜んでいただき「楽しかったよ」と言って帰ってもらえるような、笑顔溢れる結婚式にしたいという思いから、料理や演出には2人の出身地である福岡らしさ、長崎らしさを取り入れ若い方からご年配の方まで皆が楽しめるおもてなしを目指しました。

イベント・演出

1.鯛塩釜焼き開き

ケーキ入刀に変わる演出として、鯛の塩釜焼き開きを取り入れました。私達のキューピッドである大切な方々にも参加していただき、一生の思い出となりました。

お写真

お写真

2.変面ショー

前日からランタンフェスティバルが開催されていたこともあり、変面ショーが大好きな新郎の強い希望で姜鵬さんに変面ショーを披露していただきました。遠方のゲストからは「初めて見た!」という声も多く、大いに盛り上がりました。

お写真

3.新婦のチェロの演奏

新婦が日頃演奏活動を行っている「ひばり四重奏」の仲間とカルテットで演奏。
自分の結婚式ではこの4人で演奏したい!という願いが叶い、嬉し涙で楽譜が見えなくなるくらい感動しました。

お写真

お写真

挙式スタイルを選んだ理由

諏訪神社

新婦母が諏訪神社で縁結びの絵馬をもらってきてくれたのちに、私達が出会い結婚に至ったという経緯があり、私達にとって縁起の良い特別な思いのある神社ということで諏訪神社での挙式を選びました。
親族だけではなく、友人にも出席してもらい多くの方々に祝福していただけたことが印象に残っています。

お写真

お写真

アイテムオーダーのこだわり・選んだ理由

1.ドレス・衣装

和装:黒振袖の凜とした雰囲気が好きで以前から和装は黒振袖!と決めていました。
挙式はかつら、披露宴は洋ヘアーで2つの雰囲気を楽しむことができました。
ウェディングドレス:珍しさもあり、ビージング(総ビーズ)のドレスにしました。ずっしりと重いドレスでしたが、ライトが当たるとキラキラと輝きとても美しかったです。
カクテルドレス:私の好きな色である「青」のグラデーションのドレスにしました。バックシルエットもとても素敵なドレスでした。

お写真

お写真

2.ブーケ・フラワーコーディネート

フローリストと何度も打ち合わせを重ね、サンプルも作っていただけたので、イメージ通りのフラワーコーディネートになりました。
テーブル装花の周りにキャンドルやフォトフレームなども飾ることをご提案いただいたおかげで希望していたクラシカルでアンティークな雰囲気がより引き立ちました。

お写真

お写真

3.料理・ケーキ

2人の出身地である福岡と長崎の食材をふんだんに使ったメニューを料理長に作っていただきました。
特にデザートの「長崎県産牛乳のブランマンジェと博多あまおうのソルベ」は1プレートの中に福岡と長崎の食材を融合してもらったこだわりの一品で素敵なおもてなしができました。

担当スタッフとのエピソード

プランナーの中道さんをはじめ、多くのスタッフの皆さんに親身になっていただき心から感謝しています。
要望や変更が多く、プランナーの中道さんには多大なるご迷惑を掛けたと思いますが、いつも気持ちよく対応していただきました。
結婚式の準備は思っていた以上に大変でしたが、メールや手紙にも私達を気遣う一言メッセージを書いて下さるなど温かい心遣いにいつも励まされました。
入念に打合せをしていただいたおかげで安心して結婚式当日を迎えることができました。

お写真

前撮りの衣装・印象に残ったエピソード

ホテルの館内には絵になる撮影スポットがたくさんあります。ブライズルームや海鳳の間など私達が希望する場所で撮影していただき素敵な写真を残すことができました。アルバムの出来上がりが楽しみです。

お写真

お写真

お写真
お写真

お写真
お写真

お写真
お写真

担当スタッフよりStaff Comment

担当スタッフ

正登さん、佳江さん、ご結婚おめでとうございます!
お2人とのお打合せは毎回楽しく、デートスポットや美味しいお店を教えてもらったりとついつい私がメモをとっていることもしばしば…笑
素敵なお打合せのお時間をいただきましてありがとうございました(*^_^*)


挙式に選ばれた諏訪神社は、お2人にとって思い入れのある場所だとお聞きしました。
佳江さんのお母様をはじめ、御親族の方、そして挙式にも駆けつけられたご友人の方々皆様温かい気持ちになられたことでしょう!

佳江さんのご友人の生演奏によりドアオープン。こだわった会場のコーディネートとマッチしてとても贅沢な空間でしたね。渾身のオープニングムービー、鯛の塩釜焼き開き、楽しい余興も盛りだくさんでゲストの皆さん終始楽しまれたことでしょう。
また、感謝の気持ちをこめてこだわりぬいたお料理も、ゲストの皆様に満足していただけたのではないでしょうか?
長崎では披露宴の締めくくりは「万歳三唱」が多いのですが、正登さんのご出身が福岡ということで「祝いめでた」で締めくくりましたね。最後の最後までゲストの方が楽しめるお時間で、おもてなしの心が詰まった素敵な御披露宴でした。
おふたりと過ごす時間がなくなり、私の心にぽっかり穴が空いたような…
幸せいっぱいの日々をお過ごしかと思いますので、
ぜひまたおふたりでホテルニュー長崎へ遊びに来てくださいね。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。

ウェディングプランナー 中道成美