お写真

伊藤健さん
里千鶴さん

お写真

挙式会場名

神前式:矢上神社

披露宴会場名

ホテルニュー長崎 鳳凰閣東中

結婚日時

平成21年12月12日 14:00

披露宴人数

総人数 106名

お写真
お写真
お写真
お写真

会場を決めた理由

・長崎駅の隣の建物という、遠方からの方々にもアクセスしやすいという利便性
・料理のおいしさ
・メニューにない料理を提供して頂いたり、要望を何とかして叶えてくれる柔軟性
・プランナーさんの対応の良さ

お二人がこだわったポイント

☆日本らしさ、長崎らしさ、青森らしさを用いること
・日本らしさ・・・自宅から着付けをし、家を出て、神前式で結婚式を行うこと、和食がメインの料理
・長崎らしさ・・・「おひれ」から料理が始まり、料理も長崎のものを使った料理
・青森らしさ・・・青森の雰囲気を出したかったので、フラワーアレンジメントで雪を表現。青森名産のりんごジュースや、青森の日本酒を置かせてもらった。プチギフトにはりんご飴を入れた
☆みんなが楽しめる披露宴にすること
☆できるだけ手作りのもの
・ウェルカムボードは、20年前に母がしていた文化刺繍で、二人で制作
・ウェルカムアニマルは、飼っている犬をイメージしてビーズで制作
・リングピローも私と母の共同制作
・プロフィールビデオとエンドロールも二人で制作(プロフィールビデオは自分たちで制作したほうが、好きな写真をたくさん使えるし、コメントも書き込めるので、自分たちでして良かったです)
・引出物は、現川焼の焼き物で、既製品ではないものを
・引菓子は、コーヒー豆を入れて、自分たちの写真をつけ、コメントと住所を入れた(お菓子は人によって食べられないこともあるが、コーヒーは本人が飲まなくても賞味期限が長いので誰かが飲めるため)

挙式・披露宴の感想

・あっという間に披露宴が終わったが、とっても楽しかったです。
・自分たちの希望していた披露宴が実現して感激しました
・会場の雰囲気も良く、かすみ草がイメージ通り雪のように見えて良かったです
・私たちの席が高かったのか、かすみ草が高すぎたのか、招待客と目線が合いづらかったのは残念でした

これから花嫁になる方へのメッセージ

・自分が楽しめるのが一番です
・結婚式で自分がどういうのをしたいのかわからない場合、何か一つでもあれば、どんどんとイメージが膨らんでくると思うので、心配せず楽しめばいいと思う
・したいことは、不可能かもしれないが、とりあえずプランナーさんに相談するのがいいです。色々なアイデアを考えてくれると思います
・できる限り、早めに準備を開始するのがいいです。事前にバタバタしてしまうと精神的にきつくなるので。
・披露宴では、全く食べる時間がないので、披露宴の前には軽食を準備するのを忘れないように。(私は忘れてました)

担当スタッフよりStaff Comment

担当スタッフ

物静かだけどとても心がしっかりとした健さん、活発でいつも笑顔を絶やさない千鶴さん。
お二人の相性は最高だと思います。いつまでもお幸せに。

プランナー 田平正明